美しい肌を取り戻そう|干乾びた肌が一変|50代専用の化粧品がおすすめされる由縁

干乾びた肌が一変|50代専用の化粧品がおすすめされる由縁

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい肌を取り戻そう

鏡を見る人

シミやシワ、ニキビや乾燥など、女性にとってお肌の悩みは尽きません。特にニキビに悩んでいる人は、年代問わず多いでしょうニキビが完治しても、間違ったケアをしてしまうも、ニキビ跡になってしまうのは可能性もあります。ニキビ跡というものは厄介で、酷いものになるとメイクでも隠しきれなくなってしまいます。食事やスキンケア、メイクなどに気を使って、念入りにケアしなければなりません。ニキビ跡といっても、いくつか種類があります。まずは、赤みが残ってしまったタイプ、跡が紫や茶色に色素沈着してしまったタイプ、肌が凸凹のクレーター状になってしまったタイプ、肌の表面が硬く盛り上がってしまったしこりタイプがあります。それぞれの症状によって、有効的な処置方法も異なります。

まずは赤みのあるニキビ跡のタイプですが、肌自体が弱ってしまってターンオーバーが乱れたり毛細血管が傷ついてしまうことが、主な原因です。これにはビタミンC誘導体やイオン導入が含まれている化粧水やセラミドなどの保湿効果の高い化粧品が効果的です。比較的軽度なので、治りも早いでしょう。次に色素沈着のニキビ跡ですが、肌に炎症が起こり、毛細血管が内出血を起こし、紫色になってしまいます。更に紫外線に当たると、茶色に変化します。これには、ビタミンCを含む美白化粧品を使用するか、ピーリングを行うのも効果的です。日頃から紫外線ケアをきちんとするのも有効的です。クレーターのニキビ跡は、肌の深くにまで強い炎症が届いてしまい、肌が硬く縮んでしまうことが原因です。これには市販のものではなく、専門医でレーザーやピーリング治療が必要です。しこりタイプは、血流が悪くなり、毒素が溜まった状態です。かなり中度なので、こちも専門医での診察が1番有効的です。